女性の心をつかむ!モテる男のスキンシップ、ボディタッチのテクニック。
女性と恋愛関係になるために効果的な心理学、脳科学に基づいた、
女性への自然なスキンシップ、ボディタッチの方法を教えます。

スキンシップの方法

心理カウンセラーでセクシャルアカデミー顧問の古村勇介が心理学・生物学・脳科学を利用した、女性に自然にスキンシップ、ボディタッチして恋人関係になるテクニックを公開します。

ボディタッチの方法

女性は触れられることが大好きです。

女性の手を握り、肩に触れ、背中に触れ、髪に触れるスキンシップ。

スキンシップはやがてキスになり、全身への愛撫になり、セックスの喜びへと至る。

スキンシップは、女性の恋愛感情と性欲に火をつけるために欠かせない、スイッチのようなものです。

生物学的に、女性の皮膚感覚は男性の10倍も敏感です。

そして、 スキンシップというスイッチを押されると、女性の脳内にはオキシトシンというラブホルモンがドバドバと放出され、触れてくれた男性に好意を抱くようになるのです。



これはどんな理性的な女性も逃れることのできない、科学法則です。

スキンシップの仕方

のような力があります。

しかし、その魔術のようなスキンシップを使いこなすには、心理法則と脳科学に基づいた手順、テクニックが必要です。

モテる男は、生まれつきか、経験的にか、誰かに学んだのか、みなその手順、テクニックを使っているのです。

でも、モテない男性は、「拒否されたらどうしよう」、「嫌われるかもしれない」と臆病になって、スキンシップができず、「もう少し仲良くなったらスキンシップしよう」、と思っているうちに、好きな女性を他の男に盗られてしまうのです。

これが大間違いなのです。

ボディタッチの仕方

発想の転換が必要です!

私も心理カウンセラーとして、スキンシップ、ボディタッチと脳科学、脳内ホルモンの関係に気がつき、女性に違和感を感じさせず、自然に触れる法則を発見し、多くの女性に使ってきました。

ここで私が紹介するテクニックは、百発百中とまでは言えませんが、手を握るところまでいけば、90%以上の確率で恋人、セフレの関係まで行けることは実証済みです。

ただし、

女性の皮膚感覚が男性よりもはるかに敏感なだけに、心理学的、生物学的、脳科学的に正しいアプローチでスキンシップやボディタッチをしないと、取り返しの付かない、逆効果を引き起こす危険性もあります。

女性の心をグッとつかむ、スキンシップ、ボディタッチの方法の鍵となるのが、

スキンシップの効果

今回、私、心理カウンセラーの古村が公開するのは、女性に嫌悪感を抱かせない、好感度をアップさせるための心理学、脳科学などの科学的根拠に基づいたスキンシップ、ボディタッチのテクニックです。

さて、そもそもスキンシップ、ボディタッチにはどんな効果があるのでしょうか?

基本的に、人は触れる・触れられる事で好感度が上昇します。


スキンシップの方法

 

心理学者が行ったこんな実験結果があります。

図書館で係の人が本を渡すときに自然に手に触れると言う実験です。

実験後に本を借りに来た学生にアンケートを採ります。色々なアンケートをとって、その中で係の人の印象も聞いてみました。

係の人に対して好印象を感じると答えた女性の数は手を触れられた人に多くみられました。

この実験により女性は触れられる事で好感度が上昇する事が解っています。

 

スキンシップ

スキンシップ

もうひとつ、

アメリカの社会心理学者バーディーンの実験を紹介します。
被験者に、ある人物に三通りの方法で出会ってもらい、それぞれの印象を評価してもらいました。

出会いの方法とは、

・身体接触だけ(目隠しをして、話はしない)
・見るだけ(話はなく、目隠しも接触 もなし)
・言葉だけ(接触なし、目隠しをする)の

の三通り。

つまり、被験者は同じ人物に、視覚、聴覚、触覚のいずれか一つの感覚だけで三回出会ったわけです。

すると、

接触だけの出会いでは「信頼できる、温かい」といった印象
視覚的な出会いは「冷たい」という印象、
聴覚的な出会いは「距離がある」

という印象がもたれることがわかりました。

この結果から、
人間関係における触覚、つまりスキンシップは、視覚や聴覚よりも、親愛的な感覚を伝達する機能をもつと考えられています。

 

もう一つ、わかりやすい実例を紹介します。

私の知人に社交ダンスの先生をしている男性がいるのですが、社交ダンス教室でペアを組んで競技に出場する男女が結婚したり、不倫関係になるケースがとても多いのだそうです。

スキンシップの方法

これにはいくつかの要因が考えられます。

まずは、一緒にいる時間が長くなること。
心理学的にも、とにかくよく会う(よく見る)相手に好意を抱きやすいという「単純接触効果」が働きます。

一緒に競技会をめざす二人は毎日のように練習します。のめりこめばのめりこむほど長時間一緒に練習することに。 となると、よっぽど嫌な相手じゃない限り自然と仲良くなるものです。

また、共通の興味、目的を持つ二人は親しくなりやすいという、「類似性による親近効果」も働きます。
競技会でなくても、二人で満足の行くダンスを作り上げる、という同じ目的があるというのも二人を近づける要因です。

それから、恋愛心理学で必ず出てくる「つり橋効果」。 緊張やダンスによる運動のドキドキと、恋愛のドキドキを勘違いしてしまう、という、単純な人間の脳の構造。ドキドキすると、人間の脳内にはPEAという恋愛にも関わる脳内ホルモンが放出されるのです。

そして、二人の距離間。社交ダンスでは距離ゼロセンチで密着しますので、男性は女性のパーソナルスペースに深く深く踏み込みます。

そして、スキンシップ。ただ会ってるだけじゃなくて、手を繋いで、ホールドしてます。パートナーの肌の温もり、熱、吐息さえも感じます。この時、女性の脳内にはラブドラッグとも呼ばれる脳内ホルモンのオキシトシンが放出されます。

社交ダンスは、 「単純接触原理」と「類似性による親近効果」、「パーソナルスペース」への浸入に、「スキンシップ効果」と、男女が恋愛関係になるには、最高の条件を備えています。

ここで私が言いたいのは、「恋人を作るために社交ダンスを始めましょう」ということではありません。

最初は恋愛感情がなくても、身近にいて、スキンシップが行われると、恋愛関係に陥りやすいということです。



ボディタッチの方法

その理由は、赤ちゃんのときから、人は親にスキンシップされながら育てられるからです。
その心地良さを記憶しながら人は成長していくのです。

そのスキンシップの心地良さは、成長していく過程で、徐々に薄れていくのですが、潜在意識にはしっかりと記憶されています。

だから、人はスキンシップに弱いのです。


スキンシップ

ボディタッチの効果


誰でもこんな経験がありませんか?

落ち込んでいる時に友達に肩をポンって叩かれたら、それだけでも気持ちが楽になりますよね。

それから、お化け屋敷に入って恐怖を感じると、隣の人に寄り添ったり、手を握ったりすると安心する。

スキンシップは人間が生きていく上で欠かせないものなのです。



もちろん、恋愛でも。
軽いスキンシップから始まって、抱擁、キス、ペッティング、そしてセックス。

スキンシップ

スキンシップの方法

人間の「触れられたい」欲求

悲しいときや困難にぶつかったとき、人は誰かに触れて欲しいと思います。
肩を抱いて欲しい。背中を優しく撫でて欲しい。抱きしめて欲しい。

この欲求は「触れたい」欲求と異なり、どんなに欲求しても、相手がしてくれないと満たされないものです。
家族や恋人、友人がそばにいても、相手が触ってくれないと満たされない。

だから、マッサージやエステに行って触ってもらうのです。

女性は、単に疲れを癒したり、美しくなりたいだけでなく、触ってもらいたいからマッサージやエステに通うのです。


マッサージ


スキンシップの方法

男性の快感が性器に集中していますが、女性の性感帯は身体のあらゆるところ、耳や首、背中、ひじや踵、手の平、指、髪の先にいたるまで快感を感じることができます。

そして、その皮膚感覚は、男性の10倍も敏感だと言われています。

男が想像する以上に、女性は触れられることで快感を感じるのです。
(もちろん、逆に不快感にも敏感ということになります)

女性の皮膚感覚は男性よりもはるかに敏感なだけに、女性は興味の無い男性から身体に触られることは、その状況や触れられる場所、強さにもよりますが、多くの場合不快感を引き起こしてしまいます

男性が自分の皮膚感覚を基準にして女性に不用意に触ってしまうと、こうした問題を引き起こします。
場合によっては、セクハラ、ということにも。

感受性の低い男性にとって許容される触れ方であったとしても、感受性の高い女性にとっては不快な場合が結構多いのです。

ですから、女性とのスキンシップ、ボディタッチでは、

ボディタッチの方法


ここで言う「好意」とは、恋愛感情の「好意」ではありません。

人間としての好感度と考えてください。

人間として、男性として、「頑張ってるな」とか「正直な人だな」とか、「清潔な人」だとか、「男らしい」とか・・・・

その好感度をさらにアップさせ、恋愛感情にまで引き上げてくれるのがスキンシップ、ボディタッチです。

この順番を間違えて、女性に触れることで気持ちを向かせようとしても逆効果になります。

あなたが好意を抱いている女性がいるのであれば、まずはその女性が気兼ねなく触れられる程度の好意を抱ける男になることを目指しましょう。

でも、
女性に好意を持ってもらうのが難しいんじゃないか!

って思われますよね。

大丈夫。このマニュアルには、私が心理カウンセラーの立場で書いた、

スキンシップ 心理
を解説していますので、安心してください。

好きな女性がいて、なんとかその女性との距離を縮めて恋人関係になりたいという男性は、ぜひこのマニュアルを読んで、自然にさりげなく女性にスキンシップ、ボディタッチをして女性との親密度を深めてください。

このマニュアルで解説している、次の内容を理解することで、

1.スキンシップ、ボディタッチの効果

2.女性の「触れたい」、「触れられたい」欲求

3.女性を虜(とりこ)にするスキンシップとは?

4.男女の皮膚感覚の違い

5.男女の距離を縮める8つの心理テクニック

6.髪に触れられるということ

7.パーソナルスペース

8.スキンシップと脳内ホルモン、オキシトシン

9.女性にできるだけ自然に触れる14の方法

 

著者プロフィール
人事部所属のサラリーマンカウンセラーのため顔写真掲載ができません。
実物よりカッコ良すぎると反省しています。

古村勇介
心理カウンセラー、セクシャルアカデミー顧問
昭和44年、新潟県生まれ 41歳。
新潟大学人文学部 行動科学過程卒業後、東京の某大手電機メーカーの人事部で主にキャリアカウンセリングを担当。
妻と二人の子供持ち。 趣味はカメラとジョギング。

心理カウンセラー古村勇介の
「恋愛マニュアルメルマガ版」 無料購読で
マル秘プレゼント進呈中!

心理学・脳科学を使った恋愛ノウハウメルマガ登録
メールアドレス
名前
 
 

 

モテる男のスキンシップテクニック」(A4・127ページ)の内容

スキンシップの方法

●マニュアルの価格について

さて、私、古村が専門の心理学と最新の脳科学の研究成果を元に書き上げましたこのマニュアル『モテる男のスキンシップテクニック』の価格は1,980円とさせていただきます。

『モテる男のスキンシップテクニック』


(商品画像はイメージです)
●A4:127ページ(PDF版)
インターネット経由での(PDF)ダウンロード版ですので誰にも知られずに注文決済後にご利用できます。

お支払い方法は、下記よりご選択出来ます。

| 個人情報保護方針 |t特定商取引法に基づく表示 |