美味しい熟女を食べる方法

●著者プロフィール ●特定商取引法表示
熟女のセフレ

心理カウンセラー、セクシャルアカデミーの顧問、 古村勇介が明かす、美味しい食べ頃の熟女を恋人、セフレにするための科学的なテクニックを惜しみなく公開します。


熟女を恋人にするテクニック

45才のバツイチ子持ちのキャリアウーマン・るい(鈴木京香)の恋愛を描いたドラマ『セカンドバージン』。

スキャンダラスな大人の純愛は大きな反響を呼び、社会現象を巻き起こし、2011年の秋、ついに映画化されました。

このセカンドバージンというドラマがヒットし、映画化された背景には熟女と呼ばれる年代の性への欲望、憧れがあります。

女性は三十路後半から四十路にかけて女性ホルモンの関係で性欲がピークに達します。

女性は35歳を過ぎると、エストロゲンという女性ホルモンが減ってきます。

すると相対的に男性ホルモンであるテストステロンの働きが強まり、一時的にガツガツとした性欲が出てくると考えられています。

未婚の熟女で彼氏がいなければ、その性欲をもてあまし、悶々とし、既婚の熟女は、セックスレスに悩み、同じように性欲を持て余しているのです



30代後半から40代にかけて、女性は社会人経験、子育てや家事と一通りやる事を終え、比較的自由な時間ができるので、非現実的な刺激を求めます。 そういった熟女に積極的にアピールすればすぐオトせて、遊べる可能性も高いですね。

熟女は、会うのを前提でメル友を募集するパターンが比較的多いようです。 いきなり"今から会えない?"といった大胆な熟女もいます。 年齢的にも精神的にも遊びたい盛りが特に強く、遊べる男性とは遊びたいとも思っている熟女も多いです。逆を言えばうまく誘えばいい思いができるということです。

熟女が好きで、熟女の恋人が欲しい、熟女と結婚したいけれど、熟女と出会う方法がわからない。あるいは熟女との付き合い方がわからない。

そんな貴方は、ぜひ、このマニュアルをお読みください。

このマニュアルで解説している、次の内容を理解することで、きっと貴方は熟女を恋人にできます。

1.熟女の心理と性欲の特性

2.年代別の熟女の口説き方、

3.熟女との出会いの方法

熟女の恋人

熟女との恋愛

私の熟女遍歴        

著者プロフィール
人事部所属のサラリーマンカウンセラーのため顔写真掲載ができません。
実物よりカッコ良すぎると反省しています。

古村勇介
・昭和44年、新潟県生まれ 41歳。
・新潟大学人文学部 行動科学課程卒業後、東京の某大手電機メーカーの人事部で主にキャリアカウンセリングを担当。
・2010年7月、田辺まりこ主催セクシャルアカデミーの顧問に就任。
妻と二人の子供持ち。 趣味はカメラとジョギング。

私、古村は現在、41歳。
どこにでもいる中年男ですが、他の中年男性と一つだけ違うのが、私が心理カウンセラーだということです。

この『熟女を恋人にするための実践マニュアル』には、最新の脳科学と心理学のノウハウがぎっしりと詰まっています。

その実践的なノウハウをお知らせする前に、私の熟女遍歴を少し紹介させていただきます。

私は、地方の大学で心理学を専攻して、現在、ある電機メーカーの人事部で社印のキャリアカウンセリングを行っています。社員のキャリアカウンセリングだけでなく、心理カウンセリングも行っています。

思えば、私は高校生の頃から年上の女性が好きでした。

私の高校生の頃、今から25年ほど前になりますが、当時のアイドルと言えば、松田聖子とか中森明菜とか小泉今日子とか、そのあたりでしょうか。

でも当時の私が憧れていたのは、五月みどりとか、白川由美とか、秋吉久美子とか・・・。そんな感じだったと思います。

大学時代、百貨店でお中元、お歳暮のアルバイトをしていましたが、そこで働いていた年上の女性に憧れていましたし、百貨店のおばさん、と言っても30代中ばから40前半くらいの女性にとても可愛がられた記憶もあります。

そんな年上好きの私でしたが、27歳の時に結婚したのは、大学時代から付き合っていた1歳年下の女性でした。

その後、会社の後輩と不倫したこともありますが、それがまた辛い辛い不倫で、彼女が独身だったために、お互いに地獄のような思いをしました。

それ以来、恋をするなら、不倫をするなら、既婚女性。それもできるなら同年代から上の熟女がいいと思うようになりました。

大学で学んだ心理学と、最新の脳科学、脳内ホルモンの知識を利用して付き合った恋人の数は、5年間で36人。

その内、24人は35歳以上のいわゆる熟女です。
そのうちの何人かを紹介させていただきます。

●英里子、当時39歳

私が一番最初に付き合った熟女は、私が32歳の時で、相手は39歳。
部署は違いましたが、会社の先輩でした。
彼女も既婚者。ちょっと痩せ気味で、雰囲気で言うと、戸田恵子みたいな感じの女性でした。彼女の旦那さんは単身赴任で、寂しかったんでしょうね。
39歳の女盛りの性欲を持て余していたんだと思います。
仕事帰りに待ち合わせして、ホテルに行って、お互いの体を貪り合うように味わいました。一度だけ、会社の会議室でしたことがあります。
あまり使われない会議室でしたが、鍵がかからない部屋だったので、とってもスリリングな体験でした。
フロアの絨毯の上で、お互い下半身だけ裸で、もちろんシャワーも浴びていない汗ばんだ性器を69で舐め尽くし、騎上位から後背位、最後は正常位で。彼女は喘ぎ声を押し殺すために、ずっと私の指を咥え、時に噛みながらの刺激的なセックスを今でも思い出すことがあります。

●美咲さん、当時53歳

次は、私が36歳の時に、53歳の人妻。
趣味で入っていた写真クラブの仲間でした。
彼女の性欲はとても旺盛でした。
会うのは2週間に1回ほどでしたが、ホテルの部屋に入るとシャワーを浴びる暇も与えず、ズボンのチャックをおろし、ペニスを取り出してしゃぶり始めます。
服を着たまま、飽きるまでフェラチオするのが決まりでした。
私よりも17歳も年上。閉経後の女性の性欲の激しさに驚いたものです。
53歳ですから、さすがにシワも目立ち、シミもあちこちに見られましたが、毎週水泳を欠かさない体は、あまりタルミもなく、引き締まっていて、肌もまだなめらかで、肌が合うというのでしょうか、抱き心地も最高でした。
彼女がまずフェラチオを堪能した後、クンニリングスで軽くイカせてから、正常位。最後は、彼女は騎上位で自分で好きなように動いてオーガスムに達するのが好きでした。57歳の彼女はとっくに閉経していたので、当然いつも生で中出しでした。さすがに潤いは少なかったですが、十分に舐めてあげれば問題なく、彼女は痛みを感じることなくセックスを堪能できていました。

●裕美、現在49歳

最後に紹介するのは、現在も付き合っている49歳の人妻。
彼女は、近所のクリーニング店に務めています。
前々から魅力的な女性だなと思っていました。
ある日の日曜日、近所のホームセンターのカー用品売り場で、ばったりと彼女と出くわしました。彼女は自分の車のワイパーブレードを探していて、なかなか見つからないのを私が探してあげ、ついでに交換してあげました。
その後、お茶でも飲みましょうか、ということで、私の車で少し離れたところのスターバックスへ。ご主人はどうしたのと尋ねると、休みの日はいつもパチンコなんですと。仲の良い夫婦なら、奥さんの車のワイパー交換はご主人がしますよね。夫婦仲があまり良くないのはあえて尋ねなくてもわかりました。
その日は、コーヒーを飲んだだけでしたが、メルアドを交換してましたので、次の休みに彼女をドライブに誘いました。彼女はちょっと迷ったようですが、OKしてくれて、隣の県の海までドライブ。その帰りにラブホテルに入りました。
彼女も覚悟、というか期待していたようでした。
ホテルの部屋に入って、抱きしめてキスしようとした時に、彼女が言ったのは「私みたいなおばさんでいいの?」という言葉。
「とっても魅力的ですよ。あなたが欲しい」。事実、いつもクリーニング店にいる時と違って、きちんと化粧をしてワンピース姿の彼女は、とても艶やかで大人の女性の魅力にあふれていました。
舌と舌を絡め合い、唾液を交換し、お互いの服を脱がし合い、シャワーも浴びずにすでに濡れそぼった彼女の中に挿入。久しぶりだからちょっと痛いと言っていた彼女でしたが、すぐに快感に身悶え、私が体位を変えようとしても、正常位で抱きしめられるのが好きなのと言う彼女は、私の背中に手を回し、両足を私の腰に巻きつけるようにして、離してくれませんでした。
そのまま一度目のオーガズムに達し、汗まみれの体をシャワーで流した後、もう一度ゆっくりとお互いに愛撫しました。特に、彼女は私の顔から足の爪先まで丹念に唇と舌を這わしてくれて、69の後、騎上位でイク寸前まで高まった後に、最後はやっぱり正常位がいいというので、私が上になってお互いに達しました。
私は今まで20代から50代後半まで何人ものセックスフレンドと付き合ってきましたが、この彼女との体の相性が一番です。
抱き合うだけで気持ちイイ。皮膚の感覚が一番しっくりくるのです。
彼女との付き合いはもう3年以上続いています。

他にも、1回限りの関係で終わった熟女は10人以上います。
長く付き合ってもいいなと思う熟女も何人かいましたが、私は同時に複数の女性と付き合うのが、体力的にも精神的にも苦手なので、ほとんどの場合、この女性は離したくないと思わない限り、1度切りの関係で終わらせています。

ちょっともったいないと思いますが。 

日本では、昔から、女性の性について、こんなことが言われてきました。

30代の女性はその魅力が満開になる年代で、男性の方がしたがるから、『させごろ』
40代の女性は自分の方の性欲が強くなって、自分がしたくなるので『しごろ』
50代になるとゴザを掻きむしるほど気持よがるから『ござむしり』とか『ござかく』と言うそうです。

このことわざ(?)には、医学的、性科学的にも心理学的にも根拠があります。

ホルモン的には、女性の性的なピークは3,40代、心理的なピークは50代。
女性は加齢にともなうホルモンバランスの変化により、性欲も大きく変化します。

女性ホルモンのエストロゲンは、一般に性衝動を抑える働きをしていますが、女性の中のエストロゲン
は、25才前後をピークに分泌量が増えていきます。

そして、30歳を越えた頃には減少傾向になるのです。

逆に女性の性欲を増大させる男性ホルモンのテステステロンの分泌量は、女性が30代前後から増えてくるのです。 

ですから、女性は30代になると、20代のころとは比べ物にならないぐらいSEXに対して積極的になっているのです。

熟女と言っても、30代、40代、50代でホルモンの状態が異なり、、家庭での状況、会社での状況によっても心理状態が異なり、当然、攻略の仕方も異なってきます。

●例えば、30代のキャリアウーマン

30代のキャリアウーマンは、同年代の男性会社いんよりはるかに強いストレスを感じているものです。まだまだ男性社会の日本の会社の中で、女性の中間管理職の立場は微妙です。

ばりばり仕事をこなすキャリアウーマンは、一面ではもてはやされるけれども、一面では妬まれる。

そういう仕事での強いストレスを抱えているキャリアウーマンは、実は恋人にしやすいものです。

彼女たちは、プライベートタイムに甘えさせてくれる男性を求めています。

人に優しくされることに飢えているのです。

だから、30代キャリアウーマンを落とすには、まずはとことん甘えさせてあげましょう

●例えば、30代の主婦

20代に比べ、女性としての魅力について自信を失いつつある30代主婦。

男から見たら、30代の女性ってとっても魅力的なのに、何故か30代女性、特に主婦は自分の女としての魅力に疑問を抱いています。

私の経験でも、30代の主婦は、かなりの確率で、「もうおばさんだから」と言います。

でもこの言葉は、「自分はまだまだ若いんだ」という気持ちの裏返しか、「そんなことないよ、魅力的だよ」と言ってもらえることを期待して発する言葉なのです。

そこには、「女として扱って欲しい」という願望が込められているのです。

だから、ここでは相手の深層心理に潜む願望を満たしてあげるために、
「あなたは魅力的だよ」、「キレイだよ」、「かわいいよ」
そして
「あなたが欲しい」、「抱きたい」
と言ってあげることが大切
です。

 

●40代女性の場合は

遊びなれた40代人妻は別として、多くの人妻が旦那以外との接触、セックスは久しぶりなので、そこには期待と不安が入り交じっています。

ですから、女性の気持ちを大切に、メールも会話も行動も丁寧に優しくすることを心がけましょう。

例外はありますが、40代人妻の大半が結婚暦10年〜20年といったところ。
家事、子供の教育、義母や義父との関係など、彼女たちの生活は単調でなおかつストレスに溢れています。

そんな彼女たちが、独身気分で旦那以外の男性とメールしたりデートしたり、そしてセックスすることはとてもウキウキする幸せなできごとです。

若い独身女性に比べて、単調で色気のない生活をしてる40代人妻に、「自分がまだ魅力的な女である」とことを意識させるのが、恋人関係になるための近道です。

写メを送ってきたら、「綺麗だね」と褒める。「あなたとメールすることが楽しみ」だと伝える。

合ったときは恋人のように手をつなぐ。

キスもセックスも心を込めて。

どんな場面でも「恋人らしく」接する。

「奥さん」や「お母さん」、あるいは「おばさん」ではなく、「一人の女」として見てあげる。

それが大切です。

●50代女性の場合は

男性は年齢を重ねるごとに性欲が減退しますが、女性は逆に増加します。

男性は20代後半から30代をピークに性欲が徐々に減退し、女性は50代までゆっくりと性欲が増大し、40代後半から50代半ばくらいが女性として一番熟している、いわゆる熟女となります

そして50代の女性の多くは人妻なので、後腐れないセックスを楽しむことが可能です。

何よりも、50代の女性はすでに閉経(生理が無くなっている)している場合が多いので、セックスによる妊娠の心配がありません。これは男性にとってもメリットですし、むしろ男性よりも女性の妊娠に対する警戒心がゼロになることのメリットの方が大きいのです。

有名な女性の性に関するレポートでも、女性の本当の性欲は閉経直後からとあります、それは閉経によって妊娠という心配のプレッシャーから解放された、という安心感からなのです。

つまり、社会的にも生物学的にも50代の人妻熟女は、男性にとっても恋人関係には理想的な年代なのです。

このマニュアルでは、上に書いたような、女性の年代別の攻略方法の他に、どうやって熟女と出会えば良いのか、社内やご近所などの知り合いの熟女を恋人にする方法から、インターネットを使って熟女と出会う方法、そして、カルチャー教室やスポーツセンターでの熟女との出会いについて解説しています。

熟女を攻略する

美味しい熟女を食べる方法」(A4・196ページ)の内容

 

さ て、私、古村が日々の仕事で多くのOLを含めた心理カウンセリングをしながら、心理学、脳科学などを元に、実体験を元に1年半をかけて書き上げたかきあげた熟女を恋人・セフレにするためのとっておきのノウハウを9,800円で提供させていただきます。

美味しい熟女を食べる方法

●A4:196ページ(PDF版)
インターネット経由での(PDF)ダウンロード版ですので誰にも知られずに注文決済後にご利用できます。


(画像はイメージです)

お支払い方法は、下記よりご選択出来ます。

*個人情報はSSL(高度暗号化)通信により完全に保護されます。
*お支払いは、インフォトップ社の決済システムにより行なわれます。
*クレジット決済を選択された場合、
送信されたカード情報が私たちに開示されることはございません。
*クレジット決済時の場合、カード会社のご利用明細書には『インフォトップ』と記載されます。 商品名は記載されませんので当マニュアルを購入された事がご家族、同居人等に知られる事はございません。

※特典は、ご購入いただいた商品の巻末に記載された
ホームページのアドレスよりダウンロードしていただけます。

あまり知られていないクリトリスの構造から、クリトリスがなぜ感じるか、
女性に最高の快感を与えるクンニの手順、フランス人美人娼婦が伝授するレズビアンのクンニてくにく、19ものクンニリングスの体位、最高のクンニをするための舌のトレーニング法を図と写真で解説。かつてないほど充実した国内最良のクンニの教本です。

完全図解クンニリングスマニュアル(PDF版155ページ 販売価格5,800円)

(画像はイメージです)

女性の皮膚感覚は男性の10倍も敏感。
そして、女性は触れられることが大好きです。
どうして女性の皮膚感覚が敏感なのか?
そしてどうして女性は触れられることが好きなのか?
女性は触れられるとどうなるのか?
そして、女性に自然にスキンシップ、ボディタッチする方法を、
心理学・生物学・脳科学の研究結果を元に大公開します。

モテる男のスキンシップテクニック(PDF版127ページ 販売価格1,980円)

(画像はイメージです)

中年男性なら誰もが悩む、精力の低下、ED(勃起障害)を
今日から簡単に改善できる、心理カウンセラーがすすめる
『中年男性のための精力増強マニュアル』(PDF版30P 無料版)

(画像はイメージです)

美味しい熟女を食べる方法

●A4:196ページ(PDF版)
インターネット経由での(PDF)ダウンロード版ですので誰にも知られずに注文決済後にご利用できます。

 

| 個人情報保護方針 |t特定商取引法に基づく表示 |