女性を虜(とりこ)にする脳内ホルモン恋愛術

恋愛勝率80%を可能にする、最新の脳科学が可能にした驚異の恋人作りのテクニック。

麻薬よりも強力な脳内ホルモンを利用することで、気になる女性の脳=心を支配し、貴方の恋人にすることができる、そんな禁断の方法がここにあります。

どうして異性を好きになるのか。

どうして特定の相手を選ぶのか。

好きになるとどうして性欲がわきおこるのか。

これらはすべて脳内ホルモンの化学作用で説明できます。

脳内ホルモンが支配する性欲と結びついた恋愛感情の仕組みを解き明かし、脳内ホルモンを外から女性に与えたり、女性の脳内で発生させることで、貴方は誰にも負けない、恋愛勝者になれるのです。

それも、男性のルックスや地位も名誉もまったく関係なし。

恋愛勝率80%。その根拠は?

脳内媚薬、脳内麻薬人種も年代も学歴も関係なく、男性も女性も、人間は、脳内ホルモンの圧倒的な力に抵抗することはできません。

例えば、恋愛に関係する脳内ホルモンの一つであるPEA(フェネチルアミン)が人間に与える快感は、覚醒剤のコカインの200倍とも言われます。その他の脳内ホルモンのパワーも強力です。

風習や親のしつけ、友人の忠告、自分の理性などは一切通用せず、脳内ホルモンは暴君、独裁者のように自分に与えられた化学法則に従って、人間の脳を支配します。

強力な脳内ホルモンが、女性の理性を狂わし、脳、感情をコントロールし、貴方のことを好きにさせ、抱かれたいと思わせることが可能になるのです。

この恋愛術では、女性の脳内に強力な脳内ホルモンを自然に放出させる秘密の方法はもちろん、私、古村が考案し、実証した、女性の体外から脳内ホルモンを吸収させる究極の方法まで解説しています。

ですから、恋愛勝率80%が可能になるのです。

女性の理性は、脳内ホルモンの悪魔のような圧倒的なパワーに抵抗できない。

これは、決して机上の夢物語ではありません。

科学的事実なのです。

そして、これは私、古村の実体験でもあります。

ただし、残念ながら100%にはなりません。

脳内ホルモンの働きは化学的に解明されてきていて、その力を利用することで人の脳を、感情をコントロールできると言っても、それでも人の恋愛感情と性欲には、まだまだ未知の部分が残っているからです。

貴方は、こんな悩みを持っていませんか?

でしたら、ぜひこの奇跡のような、そして悪魔のような恋愛術を使ってみてください。

きっとすてきな恋人を手に入れることができます。

心理カウンセラー古村勇介の
「セフレを作るための恋愛マニュアルメルマガ版」 購読で
マル秘プレゼント進呈中!

?心理学・脳科学を使った恋愛マニュアル?メルマガ登録
メールアドレス
名前
Powered By ステップメールNEO
 

女性を虜(とりこ)にする脳内ホルモン恋愛術』を読めば、こんな生活を現実のものにできます。

お客様の声

このマニュアルを正式発売前にモニター購入いただいたお客様の感想の一部をご紹介させていただきます。
名前は仮名とさせていただいています。

吉田茂夫様・32歳

32年間、彼女なしでした。もちろん女性に興味がないわけではありません。それなりにコンパに行ったり、社内の女性にアプローチしたりと、努力してきたつもりですが、残念ながら一人も彼女という存在を得ることができませんでした。
自分のルックスが原因なのか、性格が原因なのか悩みましたし、本屋で何冊か恋愛マニュアル本を買ってきて、書いてあるとおりに試してみたこともありましたが、成果なし。
そこでメルマガで知ったのが、この脳内ホルモン恋愛術のモニター購読の案内でした。
麻薬よりも強力な脳内ホルモンで女性の脳をコントロールして、男性を好きにさせる。正直なところ「ほんまかいな?」と疑いながらも、モニター購読ということで格安価格だったので、購入してみました。
恋愛感情と性欲を支配する脳内ホルモン。特にPEAとオキシトシンの作用、そしてその脳内ホルモンをどうやって女性の脳内に発生させるか、また外部から女 性の体内に入れるか。本当にそんなことが可能なのか?いや、そんなことをやってもいいのか?という疑問を持ちながらも、だめもとで実践してみました。
相手は、前から好きだった部下。28歳のちょっとポッチャリした女の子です。とにかくPEAを出させる、オキシトシンを出させる。古村さんが解説してくれ た方法を実践です。結果は・・・。これは正直、自分でも信じられないのですが、あっけないくらい簡単に彼女は僕のものになってくれました。感情を、そして 性欲をコントロールする脳内ホルモンの強力なパワーというものを信じざるを得ません。
ただ、心配なのは、こんなことをしてしまって良いのか?脳内ホルモンという天然の物質であっても、人間をコントロールできる物質の存在にちょっと恐ろしさを感じています。

末野拓朗様・29歳

メールマガジンで、モニター購読に当選したんですが、最初は完全に疑っていました。
女性の心、脳をコントロールできるなんて、それが本当だったら、世の中大変なことになるじゃないですか・・・。
そんなことありえん、と思って一通り読んで、しばらくしてからコンパに行くことに。
これは良いチャンスと思って、もう一度マニュアルを読み返し、ちょっとした仕込みをしてからコンパに参加。
4人来ていた女の子の中に、それほど美人ではないけど、小柄で笑顔がカワイイ子が一人。
一次会では彼女に近づく機会はなかったので、二次会ではなんとか彼女の隣に座って、マニュアルに書かれていたことを試してみました。
マニュアルの中で、究極の恋愛ホルモンの一つとして紹介されていた、オキシトシンを彼女の脳内に出させて僕を好きにさせてやろう。と、あまり欲望が表に出 ないように注意しながら、それを試してみると、彼女の表情がすぐに変わって来るのがわかりました。とろーんと言うか、ほわーんと言うか、目が潤んできて、 頬に赤みが出て。彼女はお酒を飲めない子だったので、酔っ払ったわけではないんです。
いつの間にか、カラオケボックスで僕と彼女は、周りの目を気にもせず手を握って、指を絡め合っていました!
びっくり!カラオケボックスを出てから後の事は想像にまかせます。
残念ながら彼女は理想のタイプとはちょっと違うので、結婚までは考えてませんが、今度は取引先にいる気になっている営業の女の子を、この方法で落としてみたいと思ってます。

中野雄二様・32歳

古村さんの別の著書を購入させていただいた縁で、モニター購読させてもらいました。正直な感想ですが、本当にここに書いてあることが事実だとしたら、とんでもない!と思いました。
麻薬よりも強力な脳内ホルモンを使って、女性が自然に僕のことを信頼してくれて、好きになってくれて、そして僕に抱かれてもいいと思ってくれるなら、どんなにいいことか。
でも、そんなに都合がいいことがこの世の中、あるのだろうかと半信半疑、と言うか完全に疑っていました。
それでも、疑いながらも、前から気になっていた会社の後輩に、ダメもとでチャレンジしてみました。
それが、これは自分でもびっくり。彼女には大学時代から付き合っている彼氏がいたんですが、このマニュアルで紹介されているいくつかの方法を複合して使ってみたら、2回目のデートで自然にホテルに行ってしまいました。
今のところ、彼女はまだ彼氏と別れていませんが、ひょっとしたら僕だけの彼女にしてしまえるかもしれません。
脳内ホルモンのパワーに感謝!感謝です!

脳内ホルモン


脳内ホルモンは麻薬よりも強力に、女性の脳、心、そして体を支配するのです。

 

『愛は脳内物質が決める』などの著書で有名な、アメリカの性医学の先駆者、テレサ・L・クレンショーは、著書の中で、

脳内ホルモンは独裁者

と言っています。

アメリカ人であれ、日本人であれ、中国人であれ、学歴も地位もまったく関係なく、男性も女性も、人間は、脳内ホルモンの圧倒的な力に抵抗することはできません。

風習や親のしつけ、友人の忠告、自分の理性などは一切通用せず、脳内ホルモンは暴君、独裁者のように自分に与えられた化学法則に従って、人間の脳を支配します。

だから、一目惚れしてしまったり、泥沼の不倫に陥ったりしてしまうのです。

脳内ホルモンの真実の姿を知っているか、知らないかで、恋人作りの成果が大きく変わってきます。

 

恋愛感情、性欲が起きる仕組み          

好き・嫌いという人間の恋愛感情は、人間の生殖行為と深く深く関わっています。

私も学生時代に学んだ精神学者のフロイトは、

「性的欲望は恋愛の中心的要素」

だと考えていました。

また、古くは4〜5世紀のインドで生まれた愛の手引書『カーマストラ』では、「愛」という言葉はサンスクリット語で「欲すること」を意味します。

ホルモンが支配する恋愛と性欲

気分が良い、気分が悪い、あの人が好き、あの人が嫌い、悲しい、ツライ、嬉しい。

これらの感情はすべて、人間の脳内に生成される様々なホルモンによって左右されていることがわかっています。

恋愛感情、性欲にも、この脳内ホルモン=化学物質が大きく関わっているのです。

恋愛時の脳内ホルモンの動きを見てみると、次のようになります。

好きな人ができるとPEA(フェネチルアミン)という好感ホルモンが分泌されます。これによって、脳の働きが活発になります。恋をすると、仕事がてきぱきとこなせたり、段取りが上手になったりするのも、そのせいかもしれません。

好きの気分が増大すると、ドーパミンという快楽を生み出す神経伝達物質と、ノルエピネフリンという血圧上昇させるホルモンが分泌されます。
「あの人のことを考える胸がドキドキする」というのも、これらのホルモンの仕業です。
これには気分を高揚させる働きもあります。

また、ドーパミンは、オーガズムと深い関係があり、その時にたくさん出過ぎると幻覚をみたり、この世のものとは思えない快感体験をします。
ちなみに、マラソンランナーが体験する「ランナーズ・ハイ」もこのせいだと言われます。

好きで好きでしようがなくなると、エルドルフィンという物質が分泌されます。
これは脳内麻薬と呼ばれるもので、つまらない男を最高の男と錯覚したり、欠点も長所して感じたりします。「アバタもエクボ」という状態は、この物質によってもたらされます。

関係が深くなると、オキシトシンという女性ホルモンが分泌されます。
これは子供ができたりするとたくさん分泌されることが知られており、オッパイを出すのもこの働きです。母子関係において多く分泌され、触れ合うことが快感になるホルモンです。

PEA
恋愛に不可欠なPEA(フェネチルアミン)というホルモン。このPEAは、恋をした瞬間に脳内で大量に分泌され、ドキドキ、ウキウキと高揚した気分になり、食欲が落ちて、恋に溺れた状態になります。いわゆる「恋の病」ですね。

また、PEAが分泌されると、快楽物質である「ドーパミン」の濃度も増大します。ドーパミンが増えると、脳が快感を感じ、全身に興奮が伝わり、鼓動が早まって胸がドキドキして、さらに恋愛特有の症状が増大します。

さて、ここが大事なのですが、

特筆すべきは、PEAは恋をすると分泌されるだけでなく、PEAが分泌されると、人は恋に落ちたと錯覚してしまうということが、実験により明らかになっていることです。

ということはですね。気になる女性にこのPEAを分泌させることさえできれば、その女性が自分に恋したと同じ状況を作り出すことができるということです。

そんな都合の良い方法が、実はあるのです!

その方法は、ぜひ、このマニュアルをお申し込みいただき、お読みください。

Oxytocin

それから、PEAと並んで、今最も注目されている恋愛ホルモンが、「オキシトシン」という脳内ホルモン。

オキシトシンは下垂体を経由した血液中、もしくは脳の他の部分や脊髄に直接放出されるもので、出産と母乳養育における役割が最も有名ですが、このホルモンはセックス、性欲にも深く関わっています

「情がわく」という言葉があります。

「情がわいて、別れられない」というようなこともよく聞きます。
この「情がわく」という心理もホルモンがつくり出しているらしいのです。

そのホルモンが、オキシトシン。
絆ホルモンとか、ラブドラッグ、抱擁ホルモンなどとも呼ぶ人がいます。

このオキシトシンを女性にドバドバと出させることができれば、その女性は貴方に情がわいて離れられなくなってしまうのです。

ではどうやって狙った女性にオキシトシンを出させるか?

そんな都合の良い方法も、このマニュアルで説明しています。

よ く見かけるナンパマニュアルでは、ホストや、いわゆるナンパ師と呼ばれるような男性の体験に基づく様々な恋愛テクニック、ナンパのテクニックが書かれてい ますが、そういうテクニックは、その男性しか使えない、その男性個有の環境(仕事、収入、ルックスなど)に限定されることも多いのが実情です。

よくスポーツの世界などで、「名選手がイコール名監督、名コーチになれるとは限らない」と言われます。

名選手は、持って生まれた能力、天性の感などで自分自身は素晴らしいプレーができても、いざそのプレーを他人に教えようとした時に、並の才能しか持たない選手が、なぜ自分と同じようにプレーできないのか理解できないということです。

自分は当たり前のようにできるのに、他人ができないことがわからない。
自分に能力があっても、それを裏付ける理論がないために、他人に教えることができないのです。

もちろん、理論だけではダメです。

理論を頭に入れた上で、行動に入ると、よりスムーズに効果的に恋人をゲットすることができます。



著者、古村勇介のプロフィールと本書を書くことになったきっかけ

ここで簡単に私のプロフィールと、このマニュアルを書くことになったきっかけをお話しておきます。

今は、恋人も夫婦も深刻なセックスレスの時代です。
でも心理学的、医学的に言えばセックスに勝るストレス解消はありません。

恋愛とそれにつながるセックスは究極の癒しです。

性的に満たされることが生きる希望や夢となり、精神的な安定と余裕が仕事にも必ずプラスになります。そして意外に思われるかもしれませんが、豊かなセフレライフが家庭の平安、奥さんとの円満にもつながるのです。

僕は身を持ってそれを体験しました。

自分が心理カウンセラーだからこそわかる、男と女の性への思い、葛藤とその大切さ。

癒されたい、癒したい。そういう気持ちがどれほど人を幸せにしてくれるものか。

特に僕のような40歳以上の中年男性のみなさん。仕事でも家庭でもものすごいストレスを受けて疲れ果てていると思います。そんな僕たちを癒し、救ってくれるのは女性の温もりです。

ですから、未婚者はもちろん、既婚者であっても常に恋人がそばにいる。ドキドキして、温もりを感じ、共感し、癒し合える。そういう相手をぜひ持っていただきたいと思っています。

著者プロフィール
人事部所属のサラリーマンカウンセラーのため顔写真掲載ができません。
実物よりカッコ良すぎると反省しています。

古村勇介
昭和44年、新潟県生まれ 41歳。
新潟大学人文学部 行動科学過程卒業後、東京の某大手電機メーカーの人事部で主にキャリアカウンセリングを担当。
妻と二人の子供持ち。 趣味はカメラとジョギング。

女性を虜(とりこ)にする脳内ホルモン恋愛術」(A4・158P)の内容

さ て、日々仕事で多くのOLを含めた心理カウンセリングをしながら、最新の心理学、脳科学などを元に私、古村が1年半をかけて書き上げたかきあげた恋愛術。この中には、脳内ホルモンを使った究極の媚薬=催淫剤=惚れ薬の作り方、使い方も掲載しています。

この理論と実践ノウハウをマニュアル化した情報の価格は、定価19,800円。それを初回限定100名様に限り9,800円で提供させていただきます。

女性を虜(とりこ)にする脳内ホルモン恋愛術

●A4:158ページ(PDF版)
インターネット経由での(PDF)ダウンロード版ですので誰にも知られずに注文決済後にご利用できます。


 (商品画像はイメージです)

 ※現在の特別価格での販売は100部に達した時点で値上げします。

お支払い方法は、下記よりご選択出来ます。

 

※特典は、ご購入いただいた商品の巻末に記載された
ホームページのアドレスよりダウンロードしていただけます。

心理カウンセラーの私、古村が書きました
『女性をものにするための恋愛心理学』(PDF版14ページ)

恋愛に役立つ8つの心理テクニックを紹介しています。

中年男性なら誰もが悩む、精力の低下、ED(勃起障害)を
今日から簡単に改善できる、心理カウンセラーがすすめる
『中年男性のための精力増強マニュアル』(PDF版30P)

| 個人情報保護方針 |t特定商取引法に基づく表示 |女性用媚薬・催淫剤ブログ